Top > エコ暖房 暖かい「部屋づくり」

エコ暖房 暖かい「部屋づくり」

いくらエネルギー効率のいい暖房器具を使ったところで、どこからか冷たい空気が漏れ入るような部屋、せっかく温めた空気が少しずつ室外に逃げてしまうような部屋では、いくら暖めても暖まるはずはありませんね。

結局暖房はつけ続け、省エネどころか、エネルギーのムダ遣いにもなってしまっています。そんなときは、窓のガラスやサッシを断熱性の良いものに取り換えるとよいですね。日中は太陽の光をたっぷりと取り入れて暖かくなるし、夜は外からの冷気の影響を受けにくいため、暖房の効きがよくなるのです。室内側のガラスの温度が下がりにくいので、いやな結露も起こりにくくなります。

もっと手軽に部屋を暖かくするなら、カーテン選びにこだわるという手もあります。まず色。赤やオレンジ、黄色といった暖色系のものは、太陽や火を連想させ、暖かさを感じさせてくれるという心理的な効果が期待できます。

もちろん、クッションやソファーカバーも然り。それと、カーテンボックスの上などのすき間はできるだけなくすように。さらに、窓のまわりを囲むようにカーテンで覆うと暖房効率はよりアップします。腰高の窓に、床までの長さのあるカーテンをすることで、暖かさが増す場合もあります。布は材質よりも厚みと重さがポイントになります。厚手で重みのあるものが効果的のようです。いわゆる遮光カーテンと呼ばれるものなら、断熱効果が優れているようです。

 

 プラダの魅力  H&Mについて  H&Mの特徴
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
エコロジーな暖房器具(2009年11月13日)
エコ暖房 暖かい「部屋づくり」(2009年11月13日)
エコ暖房 「身に着ける」もので暖かく(2009年11月13日)